Mac

【Mac】「最近使った項目」を表示させない方法2つ(アップルメニューとFinder)

「最近使った項目」を表示させない方法を2つ紹介します。

「最近使った項目」は2つの場所で表示されます。

  1. アップルメニューに表示される「最近使った項目」
  2. Finderに表示される「最近使った項目」

プライベート保護という観点からすると、上記のどれか1つだけでなく2つとも非表示設定しないと意味がありません。

アップルメニューの「最近使った項目」の削除クリア方法

「最近使った項目」が表示される

アップルメニューの「最近使った項目」を選択すると、過去に使ったアプリケーション、書類、サーバーが表示されます。

今回だけリスト削除する手順

ここに表示される使用履歴リストをクリアするには、「メニューを消去」をクリックします。

最近使った項目/メニューを消去「メニューを消去」。ちょっとしっくりこない項目名。

使用履歴をずっと表示させない手順

上記の方法でアップルメニューからのファイル使用履歴を削除することができますが、再度何かの書類を開いたりするとまた履歴として残ります。

アップルメニューに使用履歴をずっと表示させなくする方法は以下の通り。

「システム環境設定」の「一般」をクリック。
システム環境設定/一般

「最近使った項目」の数を「0」にする。
「最近使った項目」の数

「最近使った項目」自体がなくなります。
表示されなくなった

Finder上の「最近使った項目」を表示させない方法

Finderでも「最近使った項目」があり、ファイル使用履歴が表示されます。

Finderの最近使った項目

ここに表示されているファイルは実ファイルなので、削除してしまうと元ファイルも削除されてしまいます!

手順

デスクトップを一度クリックして、
「Finder」→「環境設定」をクリック。(command ⌘ + ,

Finder環境設定

「サイドバー」をクリックし、「最近使った項目」のチェックをはずす。

「最近使った項目」のチェックをはずす

「一般」をクリックし、
「新規Fiinderウインドウで次を表示」の項目を「最近使った項目」以外を選択。

(ユーザー名や書類で良いかと思います。)

一般タグ/新規Finderウインドウで次を表示 「最近使った項目」以外を選択

以上でFinderから「最近使った項目」へアクセスすることができなくなります。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です