Mac

【Mac】Finder操作の「最近使った項目」を削除する方法

Mac Finderの「最近使った項目」を削除する方法

MacのFinder操作すると、今まで使ったアプリや開いた書類などが履歴として記録され表示されます。

使う人によっては便利かもしれませんが、プライベート保護という観点から言うと不要かもしれません。

今回は使用履歴を削除したり表示させない方法を紹介します。

Macでは、アプリや書類を使用した履歴のことを「最近使った項目」と呼び、以下の2箇所に表示されてしまいます。

  1. アップルメニューに表示される「最近使った項目」
  2. Finderに表示される「最近使った項目」

プライベート保護という観点からすると、上記のどれか1つだけでなく、この2つとも非表示設定しないと意味がありません。

ということで、以下に具体的な手順を説明します。

動作環境:Mac OS Catalina(10.15.3)

アップルメニューの「最近使った項目」を消す方法

「最近使った項目」が表示される

アップルメニューの「最近使った項目」を選択すると、過去に使ったアプリケーションや書類、サーバーが表示されます。

今回だけリスト削除する手順

ここに表示される使用履歴リストを削除するには、「最近使った項目」→「メニューを消去」を選択します。

最近使った項目/メニューを消去「メニューを消去」。ちょっとしっくりこない項目名。

 

但し、この操作は一時的に消去されるだけで、以降、アプリを起動したり書類を開いた場合は、再度履歴として表示されます。

使用履歴をずっと表示させない手順

上記の方法で「アップルメニューからのファイル使用履歴」を一時的に削除することができますが、再度アプリを起動したり書類を開いた場合は、履歴として再度表示されてしまいます。

以下は、アップルメニューに使用履歴をずっと表示させなくする方法です。

「システム環境設定」の「一般」をクリック。
システム環境設定/一般

「最近使った項目」の数を「0」にする。

最近使った項目:0

アップルメニューの「最近使った項目」自体がなくなります。
表示されなくなった

Finder上の「最近使った項目」を表示させない方法

Finderでも「最近使った項目」があり、ファイルの使用履歴が表示されてしまいます。

Finderの最近使った項目

ここに表示されているファイルは実ファイルなので、削除してしまうと元ファイルも削除されてしまいまうので注意!!

手順

Finderで「最近の項目」を表示させない方法手順を説明します。

まずは、デスクトップを一度クリックして、Finderをアクティブにして、

「Finder」→「環境設定」をクリック。
または、command ⌘,

Finder環境設定

Finder環境設定画面の「サイドバー」を選択し、「最近使った項目」のチェックをはずします。

「最近使った項目」のチェックをはずす

次に「一般」を選択し、
「新規Fiinderウインドウで次を表示:」の項目を「最近使った項目」以外を選択。

一般タグ/新規Finderウインドウで次を表示 最近の項目以外を選択

これでFinderから「最近使った項目」へアクセスすることができなくなります。

まとめ

以上、Macの操作履歴を消す方法を説明しました。

  • 履歴機能は一切不要。
  • 使用Macが共有のもので、いじったファイルを第三者に見られたくない。
  • いろいろ設定した後、第三者にMacを売る予定。

このような場合は、今回の設定で履歴をキレイにすると良いかと思います。

\ 自力じゃムリと感じたら /

CodeCamp
▲自宅で学べるプログラミング学習

関連記事

POSTED COMMENT

  1. 名無しの権兵衛 より:

    (2)Finderに表示される「最近使った項目」
    「今回だけリスト削除する手順」はどのような操作を行えば良いのでしょうか。
    記載の手順は(1)の「使用履歴をずっと表示させない手順」と同じで
    Command + Shift + F を押下するとFinderに表示されてしまいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です