Mac

【即解消】文字が小さすぎて読めない!Macの文字を大きくする方法

Macの文字が小さすぎる対処法

Macの文字、小さすぎると感じることありませんか?

4Kや5Kなどのディスプレイの高解像度化に伴い(あと、自分の高齢化)パソコンの文字が小さく感じることがあります。

今回はMacの文字サイズを大きくする方法を3つほど紹介します。

方法1:Finderの文字を大きくする

1、まずは適当なフォルダを開きます。
2、メニューバーの「表示」→「表示オプションを表示」をクリック。
表示オプションを表示

ショートカットキーの + JでもOK。

3、テキストサイズを変更して、デフォルトに設定する。
テキストサイズ/デフォルト設定

↑は、フォルダが「リスト表示」されている場合で、「アイコン表示」、「カラム表示の場合」は、設定画面が若干違いますが、やり方は同じです。(カラム表示の場合は「デフォルトとして使用」ボタンはありません)

アイコン表示の設定画面
カラム表示の設定画面
因みに、アイコン表示時のアイコンの大きさやアイコン間の隙間(グリッド間隔)の大きさ調整も、アイコン表示時の設定画面でできます。

方法2:アプリケーションの文字を大きくする。

アプリケーションソフトレベルで文字を大きくしたい場合は、 + +を押します。 押した数だけ大きくなります。
逆に文字を小さいしたい時は、 + を押します。
標準の大きさに戻すには、 + 0を押します。

ChromeやAdobe系等はこのショートカットキーで拡大縮小できますが、効かないアプリもあります。

方法3:Macの解像度を下げる

Finder上だけでなく、全体的に文字を大きくするには、Macの解像度を下げます。
Windowsだと解像度を下げるとめちゃくちゃ汚い画面になることがありますが、Macは解像度を下げても結構綺麗に表示されます。
特に4Kとか5KのMacだと、文字が小さすぎるので、文字が小さすぎて読めないという方は、思い切って解像度を下げても良いかと思います。

1、システム環境を開く。

+ ,でもOK。
2、ディスプレイを選択する。
3、解像度の「変更」を選択し、解像度を下げる。

解像度をあまり下げすぎるとアプリによっては文字が切れて見えなくなったりする場合もあるので下げすぎ注意です。

まとめ

Macの文字の大きさを大きくする方法を3つ紹介しました。

オススメの設定は、Macの解像度は下げず、Finderの文字を大きくすることです。
Macの解像度を下げてしまうと文字だけでなく全体的に大きく見えますが折角の高解像度スペックが無駄になってしまうことと、アプリによってはうまく表示されない場合もあるので個人的にはあまりオススメではありません。

最終手段として、実は一番オススメは、ハズキルーペとかの拡大鏡です。

パソコン作業や文字の読み書きに使うと、ちょっと感動しますよ。
パソコン作業だと1.3倍位がオススメです。

チャン、チャン。