Mac

【Mac】Alfredをコマンド+スペースキーで起動する方法

Alfredの通常のショートカットキーは、
option + スペースキーですが、

キー同士が離れていてちょっと押しにくく、SpotlightよりAlfredをよく使うという場合は、SpotlightとAlfredのショートカットを交換した方が使い勝手がよくなります。

SpotlightとはMac標準の検索機能のことで、通常のホットキーは、
+ スペースキーで検索窓を表示させます。

今回はAlfredとSpotlightのホットキーを交換する方法を説明します。

Alfredとは

Alfred(アルフレッド)はMacのフリーウェアで、主にアプリランチャーやWEBやファイル検索に使用されるMac使い定番のアプリです。

Alfredは主に以下の事ができます。(もっといろいろできますが。)

  • アプリの起動
  • Web検索
  • ファイルの検索

Alfredのダウンロード

App Store版のAlfredも存在しますが、バージョンがかなり古いので
Alfred公式サイトからダウンロードした方が良いかと思います。

【2019.10.6現在のバージョン】

  • App Store版 → Ver.1.2(7年以上バージョンアップされていない)
  • 公式サイト版 → Ver.4.0.4
PowerPackという有料バージョンもありますが、単にランチャーや検索として使用するのであれば無料バージョンでも十分です。

AlfredとSpotlightのホットキー(起動ショートカットキー)の変更方法

起動ショートカットキー(ホットキー)の変更は、Alfredの環境設定内で変更可能ですが、
まずはMacのシステム環境でSpotlightショートカットを変更(またはオフ)にしておかないと設定できないので、まずはSpotlightのショートカットを変更するのがポイントです。

  • STEP.1
    キーボードの設定を開く
    「Appleメニュー」→「システム環境設定」→「キーボード」を開きます。

    キーボードの設定

  • STEP.2
    Spotlightのショートカットキーを変更する。
    「ショートカット」タブ→「Spotlight」を選択後、ショートカットを変更する。

    spotlightホットキー変更
    ※もしSpotlightは使わないということであれば、チェックボタンを外せばOKです。

  • STEP.3
    Alfredの起動ショートカットを変更する。
    Alfred環境設定
    FinderメニューバーのAlfredアイコン(帽子のアイコン)からPreference(⌘+,)を選択。

    Alfredのホットキー変更
    Alfred Hotkey右の枠をクリック後、
    + スペースキーを押します。

  • STEP.4
    動作チェック
    finder上で + スペースキーを押してAlfredが起動するか確認してください。

    Alfred検索窓

    また、option + スペースキーでSpotlightが起動することも確認してください。

    Spotlight検索窓

    うまくいけば完了です。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です