【Mac】デフォルトアプリの変更方法

Mac

Macで特定ファイルに対してのデフォルトアプリ(規定アプリ)を変更する方法です。

Windowsは拡張子単位での設定になりますが、Macは特定のファイルのみの設定も可能です。

動作確認環境

本体:iMac 2017(Retina 5K, 27inch)
OS:macOS Monterey(12.0.1)

例としてJPEGファイルをダブルクリックするとPhotoshopで開くようにします。

因みに、何も設定していない状態だとJPEGは「プレビュー.app」で開きます。

  • STEP.1

    デフォルトアプリを変更したいファイルから「情報を見る」を選択します。

    ファイルを選択後、command ⌘ + IでもOKです。

  • STEP.2
    情報ウィンドウ内にある「このアプリケーションで開く:」下のリストボタンをクリックし、デフォルトにしたいアプリを選択します。


    今回は、Photoshopを選択しています。

  • STEP.3
    「すべてを変更…」をクリックします。

    ※「すべてを変更…」をクリックしないと、選択したファイルのみがデフォルトアプリとなります。(拡張子単位ではなく、個別ファイル単位)

  • STEP.4
    確認メッセージが表示されるので「続ける」をクリック。

これで、JPEGファイルをダブルクリックして開いた時には、Photoshopで開かれることになります。

一時的に他のアプリで開きたい場合は、対象ファイルを選択後、「このアプリケーションで開く」から、開きたいアプリケーションを選択します。

タイトルとURLをコピーしました