ブラウザ

【Chrome】URLをQRコードに変換する最も簡単な方法(PC/スマホ)

Chromeで現在表示しているページURLをQRコードに変換する最も簡単な方法を説明します。

これまでPC版Chromeでは、は拡張機能で実現していた機能ですが、Chromeバージョン88あたりから簡単にQRコードを表示できる機能を標準装備しました。

スマホ版Chromeのバージョンを確認する方法方法スマホ版Chormeのバージョンを調べる方法です。 iPhone版のChromeで説明していますが、Androidもだいたい同じ感...

知り合いとサイトを共有したり、お店のサイトをお知らせする場合などに非常に便利な機能です。

以下はChromeでQRコードを表示させる拡張機能の一部です。

ChromeがQRコード生成を標準装備したことにより、特別な理由がない限りこれらのプラグインは不要となります。

動作確認環境

本体:iMac 2017(Retina 5K, 27inch)
OS:macOS Monterey(12.0.1)
Mac版Chrome:Chrome 96
iPhone版Chrome:Chrome 95

PC版ChromeでQRコードを表示する方法

QRコードを作りたいサイトにログインし、URL入力欄右側にあるアイコンを表示します。

因みに、アイコンは左から「デバイスに送信」、「QRコード表示」、「拡大・縮小」「ブックマーク、リーディングの追加編集」となります。

 

すると、QRコードが画面上に表示されます。

このままスマホでスキャンしても良いですし、ダウンロードしてメールやLINEに添付してもOKです。

恐竜のアイコンがかわいい!

 

スマホ版ChromeでQRコードを表示する方法

以下はiPhoneでの操作方法ですが、Androidも手順は同様です。

QRコードを表示したいサイトを表示後、右上の共有ボタンをタップします。

メニューがいろいろ出てくるので、この中から「QRコードを作成」をタップします。

QRコードが表示されます。

さらにこのQRコードを特定の人や任意のアプリで共有したい場合は、「共有…」をタップして完了です。

\ レンタルサーバーならコレ一択!! /

\ エックスサーバーと相性バッチリのドメイン!!/

関連記事

コメントを残す