【iPhone/iPad】最新iOSにアップデートできない原因と対処法

iPhone

iPhoneで最新iOSにアップデートできない原因と対処法の解説です。

iOSのアップデートができなかったり失敗したりする主な原因は以下のパターンです。

  • 使用機種が古すぎる。
  • ストレージ空き容量が不足している。
  • バッテリー容量が十分でない。
  • Wi-Fiの電波が弱い。
  • 現在使用してるiOSに謎の不具合が起きている。

最新のiOSの対象機種を確認する

まず確認すべきことは、現在使用しているiPhoneが古すぎないかということです。

古すぎるiPhoneは最新のiOSに対応ていない場合があります。

例えば、2021年11月現在、最新のiOSバージョンは「iOS 15.1.1」ですが、
iOS 15に対応している機種は2015年に発売されたiPhone 6s以降の機種となります。

つまり、2014年発売のiPhone 6等は最新のiOSにはできないということになります。

【iPhone】使用しているiOSバージョンを確認する方法
iPhoneのiOSバージョンを確認する方法です。
デバイス別iOS対応表(iPhone/iPad/iPod Touch)
デバイス別OS対応表です。 デバイス別OS対応表 iPhone iPad iPad Touch デバイス別OS一覧 iPhone iPad iPad Touch

ストレージの空き容量を確認する

iOSをアップデートする時、ギガ単位のアップデートファイルを一時的にダウンロードする為、ストレージの空き容量が不足しているとアップデートすることができません。

空き容量が足りない場合は、不要なアプリや画像、動画などを削除しましょう。

因みにiOS15は3GB程、空き容量が必要となります。

【iPhone/iPad】ストレージ空き容量の確認方法
iPhone、iPadでストレージ空き容量の確認方法です。 「iPhoneストレージ」からも確認できます 「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」からも空き容量を確認することができます。 厳密には「空き」ではなく...

どうしても空き容量が確保できない場合は、iTunesを使用するアップデート方法もあります。(後記します)

バッテリーの充電量を確認する

バッテリーが十分に充電されていないとOSのアップデートをすることができません。

できれば、バッテリーを50%以上充電されているのを確認し、充電しながらアップデートするのが確実かと思います。

OSアップデート中のバッテリー切れは、例えるならば、心臓移植の手術中に停電になってしまうほど危険なことなのです。

安定したWi-Fiでアップデートする

Wi-Fiの電波が弱く不安定な場合、アップデートが出来なかったり、途中で失敗してしまう場合があります。

安定したWi-Fi環境でアップデートをやり直してください。

外出先でのフリーWi-Fiは使用時間制限があったり、不安定なものもあるので注意です。

そもそも外でOSのアップデートはしない方が良いかと思います。
(何かあった時に起動できなくなる可能性もあります)

WindowsやMacでアップデートしてみる

iOSアップデートは、端末本体でのアップデートの他に、パソコンからもアップデートすることができます。

Macの場合は、使用iPhoneをUSBまたはWi-FiでMacと接続し、Finderサイドバーからアップデートすることができます。

WindowsであればUSBでパソコンと接続し、iTunesからアップデートすることができます。

PCからアップデートする方法だと、空き容量不足のiPhoneであってもアップデートを安定的にできるメリットがあります。

単体でアップデートが失敗してしまう場合は、この方法でやってみてください。

iOSのアップデーターファイルの削除方法

iOSアップデート時、iOSのアップデーターは本体にダウンロードされていますが、このiOSアップデーターは削除することができます。

何度やってもアップデートに失敗してしまう場合は、一度本体にあるiOSアップデーターを削除してから、再度ダウンロードすると、うまくOSアップデートできる場合があります。

iOSアップデーターファイルの削除方法

「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」→「iOS xxxx」→「アップデートを削除」

※削除後は、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から再びアップデートを行います。

※正常にアップデートされた場合はアップデートファイル自体削除されている場合があります。

OSアップデートの前にバックアップを確認しよう

OSはソフトウェアのコアとなる部分です。

OSアップデートは、このコアをアレコレする訳ですので、アップデートに失敗してしまうと、最悪起動すらしなくなる可能性もあります。

どの方法でOSをアップデートするにしてもバックアップは必須です。

タイトルとURLをコピーしました