Wordpress

【WordPress】Jetpackを日本語化する方法

WordPress定番プラグイン「Jetpack」のサイト統計情報を日本語化する方法です。

Jetpack自体は、中途半端に日本語化されているが、サイト統計情報はピュア英語…。

Jetpackの設定を探しても、言語切り替えの設定が無い…。

それもそのはず、実はJetpack内の設定ではなく、wordpress.com内での設定になります。

Jetpackは、wordpress.comと連携しているので、wordpress.comの設定が反映されるようです。

こういう設定は連携しなくってもいいのに…

以下は、「Jetpack」のサイト統計情報を日本語化する方法です。
ついでにwordpress.comの画面も日本語化されます。

  • STEP.1
    wordpress.comへアクセス

    wordpress.comへアクセスします。

    ログインされていない場合はログインします。また、アカウントが作成されていない場合はアカウントを作成します。

  • STEP.2
    プロフィール画面に行く

    画面右上のプロフィール画像をクリックします。

  • STEP.3
    アカウント設定/言語設定

    左メニューの「Account Settings」をクリックし、Interface languageの項目をクリックします。この場合は、「EN English」をクリック。

    もし、ここが「JA 日本語」になってる場合は、既に設定されています。
    (メニューも日本語になっているかと思います)

  • STEP.4
    日本語を選択

    「日本語」を選択した後、画面右下の「Apply Changes」をクリック。

  • STEP.5
    確認
    WordPress.comのページ全体が日本語化された。

     

    Jetpackの統計情報も日本語化されているか確認。

    以上。

翻訳ファイルが最新でない場合は、更新します。

\ レンタルサーバーならコレ一択!! /

\ エックスサーバーと相性バッチリのドメイン!!/

関連記事

コメントを残す