Wordpress

【WordPress】解決「接続が切断されました 再接続するまで保存を中断します。」

WordPressの記事を投稿して保存しようと思ったら、

接続が切断されました 再接続するまで保存を中断します。 念のため、お使いのブラウザー上でこの投稿をバックアップしています。

…とのエラー。

20分程度待ってみたものの、いつになっても一向に画面変わらず…(涙)

症状と疑うべき項目

とりあえず、慌てず冷静に、症状と疑うべき項目を上げていきます。

不具合が起こった環境

WEBサーバー:エックスサーバー
Wordpress 5.6.1
MySQL 5.7
プラグイン、多数導入。

症状

  • 突然、上記のエラーメッセージが表示され、記事が保存できなくなった。
  • 管理画面の表示全体が激遅表示になった。
    (体感的には100〜200倍くらい?)
  • 昨日まで普通に使用できていた。
  • 管理画面表示だけ遅く、オモテのページ表示速度は問題ない。
  • 外部サイト、例えばYahoo等の別サイトの表示は問題なく表示される。

補足として、

  • レンタルサーバー(エックスサーバー)の障害情報はない。
  • WordPress本体の更新はしていない。
  • テーマの変更もしていない。
  • プラグインの更新はされていたかも(自動更新設定していたので)

疑うべき項目

他サイトは通常どおり表示されるので、使用PC、ネットワーク機器、プロバイダーなどの不具合は無し。

レンタルサーバーの不具合もたまに起こるので、エックスサーバーの障害情報を確認したが、それっぽい障害情報はなし。

…ということで、シンプルに「Wordpress内部システムに不具合」と断定し、

さらに、

「オモテの表示は正常で、管理画面だけ不具合が起こる」

ということで、管理画面関係のプラグインがかなり怪しい…。

「Admin Block Country」プラグインはずしたら直った。

結果から言うと「Admin Block Country」というプラグインが影響していて、このプラグインを無効化すれば解決できました。

因みに、「Admin Block Country」は、外国から管理画面へログインできないようにするセキュリティプラグインです。

ただ、これは私の環境下での原因なので、一概に「Admin Block Country」が悪いという訳ではなく、
Wordpressのバージョン、サーバー、他のプラグインとの相性などもあるかもしれません。

遅延プラグインを簡単に調べる方法

ある程度目星をつけているのであれば、手動でプラグインを外してもいいのですが、

「プラグインを入れすぎて、どのプラグインが重いのか検討もつかない。」

…ということであれば、

P3 (Plugin Performance Profiler)というプラグインがオススメです。

現在インストールされているプラグインを調査して、どれが重く遅延しているのかをグラフや数値で表示してくれます。

因みに、今回スキャニングした結果。

…もう原因は一目瞭然でしたね。

因みに、以下は別サイトの結果ですが、通常であればこのようにバラけて表示されます。

今まで正常に動作していたのに、急に不具合が起こった原因までは突き止めませんでしたが、とりあえず対象のプラグイン(Admin Block Country)を無効にして解決しました。

P3 (Plugin Performance Profiler)のより詳しい使い方は以下のページを参照ください。

足を引っ張っている高負荷プラグインを簡単に調べる方法
【Wordpress】足を引っ張っている高負荷プラグインを簡単に調べる方法必ず原因はある! 表示スピードを遅くする高負荷プラグインの調べ方 プラグインを入れすぎること自体、動作軽量化にとってあまりよろしくない...

以上

\ レンタルサーバーならコレ一択!! /

\ エックスサーバーと相性バッチリのドメイン!!/

関連記事

コメントを残す