Mac

【Mac】画像をまとめて一括リサイズする方法(プレビュー.app編)

最近のスマホやデジカメは画質が高くて良いのですが、メールやWeb上で使用するにはサイズが大きすぎて扱いにくいのが難点です。

今回は、そんな大容量画像ファイルを、一括で縮小・リサイズする方法の紹介です。

フリーウェアや、サードパティの専用アプリでリサイズする方法もありますが、
Macに最初からインストールされている「プレビュー.app」でリサイズする方法を解説します。

【プレビュー.appでのリサイズの特徴】

  • TimeMacineと連動して、自動的にファイル変更履歴を取ってくれるので、間違ってリサイズしても、過去の画像へも戻ることができる。
  • ファイル保存時に、ファイル形式変換することもできる。(例:HEICからJPEG、JPEGからPNG等)

便利!

因みに、以下はフリーウェア「iMage Tools」で変換する方法です。
こちらはリサイズ設定等を保存できるので、いつも同じ設定で変換したい場合は、こちらの方が便利です。

【Mac】画像をまとめて一括リサイズする方法(フリーウェア編)Macで画像をリサイズ(サイズ変更)したい場合は、Mac標準装備のプレビュー.appからも変更することができますが、今回はフリーウェア(...

プレビュー.appでリサイズする方法

  • STEP.1
    対象ファイルをプレビュー.appで開く

    Finder上で、対象ファイルを選択して、右クリックした後「開く」を選択。

    この時、プレビュー.appが起動すればOKですが、
    対象ファイルの種類が「プレピュー.app」に関連付けされていない場合は、「このアプリケーションで開く」→「プレビュー.app」から開きます。

    デフォルトアプリの確認方法は、対象ファイルを選択した後、
    command ⌘ + Iで表示した情報ウィンドウから確認することができます。

    この場合、デフォルトアプリがPhotoshopなので、ファイルを「開く」やダブルクリックするとPhotoshopが起動してしまう。
  • STEP.2
    プレビュー内で、全てのファイルを選択する。

    プレビュー.appのメニューバー「編集」→「全てを選択」を選択。
    または、command ⌘ + A
    (ファイルが1つしかない場合は、このステップは不要です。)

  • STEP.3
    サイズ調整ウィンドウを表示

    「ツール」から「サイズを調整…」を選択。

    「ツール」→「サイズを調整…」
  • STEP.4
    サイズを変更&保存
    イメージの大きさをお好みに設定した後、「OK」をクリック。

    プレビュー.appは、画像に何か変更を加えると、自動的にファイルが保存されます。
    但し、ファイル保存履歴は取られており、プレビュー.appのメニューバー「ファイル」→「バージョンを戻す」から、以前の状態に復元することができます。

    TimeMachine的な操作感です。

  • STEP.5
    ファイルを保存する。

    「ファイル」→「保存」を選択し、ファイルを上書き保存します。

    もし、上書き保存ではなく、別名保存や、ファイル形式を変更したい場合以下のようにします。

    「ファイル」→「選択中のイメージを書き出す…」を選択。

    もしくは、対象のファイルを右リクックした後「別名で書き出す…」を選択。

    保存ダイヤログが表示されたら、

    ① 「オプション」をクリックした後、
    ② お好みのフォーマットを選択し、
    ③ 「選択」をクリック。

    HEC、JPEG、JPEG-2000、OpenEXR、PDF、PNG、TIFFにファイル形式を変換できる。

    これで指定のファイル形式に変換されたファイルが保存されます。

  • STEP.6
    ファイルサイズの確認
    元ファイル

    リサイズしたファイル。ファイルサイズが小さくなった。
【Mac】画像をまとめて一括リサイズする方法(フリーウェア編)Macで画像をリサイズ(サイズ変更)したい場合は、Mac標準装備のプレビュー.appからも変更することができますが、今回はフリーウェア(...
\ レンタルサーバーならコレ一択!! /

\ エックスサーバーと相性バッチリのドメイン!!/

関連記事

コメントを残す