Mac

【Mac】Spotlight検索方法とファイルのあるフォルダを開く方法

Spotlight検索

Spotlight(スポットライト)とは、Mac上の書類、画像、アプリなどファイルを探すことができるMac標準の検索機能です。

予めインデックスが作成される為、非常に高速にファイル検索することができます。(iPhoneにもSpotlightが搭載されています)

ここでは、Spotlightの基本的な使い方と、知っておくと便利な使い方を紹介します。

Spotlightの起動方法と基本的な使い方

Spotlightは、Macで標準装備されている検索機能なので、特別他のアプリを入れるようなことは不要です。

Spotlightの起動方法

Sporlightの起動方法は2つあります。

起動方法 1:ショートカットキーで起動

Command + スペースキー

Command + FでWindows的検索も可能ですが、これだとSpotlight検索ではなく、Finder検索となるので、検索結果の表示方法が違ってきます。通常であればSpotlight検索で良いかと思います。

起動方法 2:検索アイコンクリックで起動

画面右上のメニューバー上にある「虫眼鏡アイコン」をクリックします。

Spotlight虫眼鏡アイコン

基本的な使い方

① Spotlight検索窓に検索したいファイル名を入力します。(例では「請求書」と入力しました。)

Spotlight検索窓

② 検索結果が一覧表示されます。

spotlight検索結果
画面左側には、フォルダやファイルの種類別に検索結果が表示され、ファイルを選択すると、右側にプレビューが表示されます。
選択したものがフォルダの場合は、フォルダ内のファイル一覧が右側に表示されます。

この画面でファイルをダブルクリックすると、そのファイルを開くことができます。
(フォルダの場合は、そのフォルダの中身がFinder上に表示されます。)

ファイルがあるフォルダを開く方法

上記の方法でファイルを開くことができますが、そのファイルがどのフォルダにあるか知りたい場合もあります。

その場合は、ファイルを選択した状態で、⌘(Command) キーを長押しすると画面右下にファイルのパスを表示させることができます。

さらにファイルの場所をFinder上で表示させたい場合は、以下のキーを押します。

⌘(Command)キーを押しながらダブルクリック。

または、

⌘(Command) + R

ファイルの場所をfinder上で表示

まとめ

以上、MacのSpotlight検索方法と、検索結果のファイルの場所をFinder上で表示させる方法でした。

個人的には何かのファイルを開くときに、そのフォルダがFinder上に表示されていないと何となく気持ちが悪いので、検索&ファイルを開く時には必ずフォルダ表示させてからそのファイルをダブルクリックして開くようにしています。

さらに、神アプリである「Default Folder X」と組み合わせると、ファイル保存時にファイル迷子にならないです。

超絶便利で神アプリな「Default Folder X」の説明

Alfredなどのアプリランチャー&検索を強化するアプリなどもありますが、Spotlight自体がシンプルかつ強力なので、標準機能であるSpotlightで十分かと思います。