【Mac】Monterey新機能。画像内の文字をテキストにする方法。

Mac

macOS Montereyから、画像内の文字をテキストデータでできる新機能が追加されました。
「画像内テキスト認識」という機能で、iPhoneの最新iOSには搭載されている機能です。
つまりはOCR機能ですが、Macでもその機能が使えるようになりました。

動作確認環境

本体:iMac 2017(Retina 5K, 27inch)
OS:macOS Monterey(12.0.1)

ただし今現在、致命的な弱点があり、日本語に対応してません。
中国語や広東語の2バイト文字には対応しているので、おそらく今後は日本語も対応していくかと思います。

Monterey(12.0.1)で、現在対応している言語は以下の通り。

  • 英語
  • フランス語
  • イタリア語
  • ドイツ語
  • スペイン語
  • ポルトガル語
  • 広東語
  • 中国語
英語、中国語を使えるだけでも重宝する機能かと思います。

「画像内テキスト認識」の使い方(準備編)

Macは標準でこの機能はオフになっているので、オンにしてあげる必要があります。
(今後のアップデートで標準でオンになる可能性はあります)

画像内テキスト認識の準備
  • STEP.1
    システム環境設定
    アップルメニューから「システム環境設定」を選択します。
    アップルメニュー/システム環境設定
  • STEP.2
    「言語と地域」をクリックします。

  • STEP.3
    「テキスト認識表示:画像内のテキストを選択」にチェックをつけます。

  • STEP.4
    確認メッセージが表示されるので「OK」をクリックします。
    現在、日本語は対応していません。

「画像内テキスト認識」の使い方(実践編)

準備ができたら実際の使ってみましょう。

例えば、サイト内にある画像のテキストを抽出(コピー)してみます。

ここでポイントですが、ブラウザで「画像内テキスト認識機能」を使用するには、Safariでないとダメで、Chrome、Firefox、Edge等では使用できません。

但し、画像を一旦ローカル側にダウンロードしてから、「プレビュー.app」を使用すると同様の手順で認識してくれます。

試しにこの画像内のテキストを取り出してみます。

通常のテキストを選択するようにマウスをドラッグして文字を選択します。
(Safariかプレビュー.appで使用可能です)

command ⌘ + Cでクリップボードにテキストをコピーします。
その後、適当なところにペーストすれば、取り出した文字を使用することができます。

【取り出された文字】

PET WASTE
TRANSMITS DISEASE
LEASH-CURB AND CLEAN UP
AFTER YOUR PET

今回は比較的多くはっきりした文字なので、完璧にテキスト認識されています。

文字認識された画像は、直接、他の言語に翻訳することもできます。

サブメニューを表示し、「XXXXXXを翻訳」を選択します。

すると、任意の言語に翻訳されます。

が、翻訳性能はあまり高くないので、ちゃんと翻訳したい場合は、
Weblio等のサイトで翻訳した方が良いかもしれません。

因みに、画像から日本語の文字を取り出そうとすると、


主に漢字の部分だけが選択でき、訳の解らない文字に認識されます。

おそらく中国語か広東語に誤認識されているようです。

【取り出された文字】

嘗業•販売•
•新間•宗教4
乜一
絕对仁押!

「画像内テキスト認識」はOCR機能だけではない。

基本的には画像内の文字をテキスト化する機能ですが、その選択された文字の内容によっていろいろな補助機能が使えるようになります。

  • 住所 → マップ.appで地図を表示する。
  • 電話番号 → 電話をかける。
  • URLアドレス → サイトを開く。
  • メールアドレス → メールを送信する。
  • 日付、日時 → カレンダーやリマインダーを作成する。

※ 電話番号、URL、メールアドレスは数字、英語なので、日本語対応されていない状態でも使用することができます。

まとめ

  • 「画像内テキスト認識機能」は、MacOS Monterey(12.0)から装備された機能。
  • システム環境設定内でオンにしないと使用できない。
  • ブラウザはSafariのみで使用可能。
  • 画像ファイルは、プレビュー.appを使えば使用可能。
    (Finderで画像ファイルを選択後、スペースキーを押すとプレビュー.appが起動)
  • 現在は、日本語対応していない。
  • 画像内の文字を認識するだけでなく、抽出した文字から各種アクションを起こすことができる。
タイトルとURLをコピーしました