iPhone

【iOS15】SafariのURL入力欄(アドレスバー)の位置を下から上に戻す方法2種類

2021年9月に発表されたiOS15。

それい伴いApple純正のブラウザであるSafariも最新バージョン「15」になりました。

Safari15の新機能をざっと上げると以下の通り。

  • スタートページのデザインが刷新。iCloudタブなども表示され、カスタマイズも可能。
  • App Storeから拡張機能がインストール可能。
  • ビデオ再生速度が変更可能。
  • プルダウン選択がポップアップ方式に変更。
  • タブをグループ化して保存できる。
  • タブバーを左右又は上にスライドしてタブ切り替え。

あれこれ機能は追加されましたが、最初に気がつくのは、
アドレス入力欄がいつもの場所(上)から見慣れない位置(下)へ移動されたことです。

ちなみに、Safari15から、下に表示されるアドレス入力欄のことを「タブバー」と呼びます。

この「タブバー」は単純にURLを入力したり、検索するだけでなく、タブ切り替えの機能も担っています。

左右にスライドすれば、タブ切り替えが出来ますし、上にスライドすればタブ一覧が表示されます。

これはこれで非常に便利なのですが、

  • 下にあるのは違和感しか無いな。
  • 前の方が使いやすかったな。
  • やっぱ元に戻してほしいな。

…という場合、以前のSafari風に変更することができます。

注意点としては、
Safari15の新機能である、スライドでタブを切り替える機能「タブバー」が使用できなくなります。

言い換えれば、タブバーの機能をオフにするこということになります。

そして、位置が変わると機能も変わるため、名称も変わります。

  • 上位置のURL入力欄 → アドレスバー
  • 下位置のURL入力欄 → タブバー

URL入力欄を上位置に戻す方法:その1

タブバー内の「ぁあ」をタップ後、「上のアドレスバーを表示」をタップ。

下にしたい場合は、同じく「ぁあ」をタップ後、「下のタブバーを表示」をタップ。

URL入力欄を上位置に戻す方法:その2

iPhoneの「設定」からも変更することができます。

  • STEP.1
    iPhoneの設定を開く。

  • STEP.2
    「Safari」を選択します。

  • STEP.3

    現在は、「タブバー」になっているので、「シングルタブ」を選択します。

    位置を上・下に変更するのではなく、「タブバー」「シングルタブ」の切り替えであることに注目です。
    単純に位置がかわるだけでなく、機能も変わってきます。

完了。動作確認しましょう。
Safariは再起動しなくともリアルタイムに設定が反映されます。

\ レンタルサーバーならコレ一択!! /

\ エックスサーバーと相性バッチリのドメイン!!/

コメントを残す