Windows

【Windows】バージョン確認方法2種

Windowsのエディション、バージョン、OSビルドを確認する2つのやり方の説明です。

Windows バージョン確認方法その1(コマンド入力)

コマンドを入力して確認する方法です。簡易的な情報ですが通常であればこれで十分です。
また、キーボードに慣れているのならコレが一番早い方法です。

  • STEP.1
    コマンドを入力。
    画面左下の「ここに入力して検索」から、「winver」と入力する。

    もしくは、 + R → winver
    もしくは、スタートをクリック → winver

  • STEP.2
    情報確認。
    Windowsのバージョン情報が表示されます。

    この場合は、以下のようになります。

    • エディション:Windows10
    • バージョン:20H2
    • OSビルド:19042.746

    重要度から言うと、エディション > バージョン > OSビルド という順番になります。

コマンド名は、「Windows Version」→「winver」と覚えましょう。

Windows バージョン確認方法その2(マウス操作)

設定画面から確認する方法です。マウス操作だけで確認することができます。

また、先程のコマンド入力での確認方法と比べ、より詳しい情報を確認することができます。

  • STEP.1
    「設定」画面を表示。
    画面左下の「スタート」をクリック → 「設定」(歯車アイコン)

  • STEP.2
    システム画面を表示
    「システム」をクリックする。
  • STEP.3
    情報確認。

    「詳細情報」をクリックする。

各項目の意味

エディションOSの名称です。
Windowsには複数のエディションが存在し、エディションの種類によって使用できる機能が異なります。
(一般用途であれば、HomeかProが割合的に大半を占めます。)

以下はWindows10の例

  • Home:一般用・個人・家庭向け
  • Pro:一般企業向け
  • Enterprise: 大規模企業向け
  • Education:学生・教師向け(Proベース)
  • Mobile:スマートフォン向け
  • Mobile Enterprise:スマートフォン向け(企業用)
  • loT Core:組み込み機器向け
バージョン毎年3月頃と9月頃に比較的大規模なバージョンアップがリリースされます。
OSビルド毎月第2火曜日(アメリカ時間)に、セキュリティ更新プログラムがリリースされます。
最も細かいバージョン。
システムの種類Windows 10は、以下の2タイプが用意されています。
現在の主流は64ビット版です。

  • 32ビット版(x86)
  • 64ビット版(x64 )
エクスペリエンス拡張パック的なもの。
Windows10(20H2)以降で適応可能。
Microsoftの実験的なものであり、現在はあまり重要でない?詳細不明。
\ レンタルサーバーならコレ一択!! /


\ 「ムームードメイン」めちゃくちゃ使いやすいです。 /


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です