Wordpress

Cocoon設定「変更をまとめて保存」できない問題のズバリ解決方法

WordPressの人気無料テーマ「Cocoon」で、Cocoon設定「変更をまとめて保存」できない問題のズバリ解決方法です。

確認環境

Wordpress:5.6.2
Cocoon:2.2.7.3(親テーマ)/1.1.2(子テーマ)
※子テーマ使用

現象

WordPressテーマCocoonの使用時、Cocoon設定「変更をまとめて保存」ボタンが押せなくなる。

マウスカーソルは指に変化するが、押しても設定が保存されない。

やったこと

Cocoonのサポート情報やその他のサイト情報を元に試してみたことの一覧です。

  • 使用ブラウザを変えた。(Chrome→Firefox/Safari)
  • ブラウザのキャッシュを削除した。
  • 全プラグインをオフにした。
  • MySQL/wp_optionsテーブルのoption_nameに「cocoon」が入っているoption_valueの値を全削除した。
  • Cocoonテーマを削除して再インストールした。
  • サーバー設定でWAFをオフにした。(Xserver)
  • サーバー設定で各種キャッシュ設定をオフにした。(Xserver)
  • WP-Optimize(不要なデータを削除できるプラグイン)でデータを最適化した。
  • 子テーマから、親テーマで動作確認。

…結果、全てダメ。解消せず。

今回、私の環境だと解消できませんでしたが、上記の方法で解消される場合もあるようです。

で、ズバリの解決方法!

原因は、サイト開設年の値にありました。

設定場所は、「Cocoonの設定」→「フッター」→「クレジット表記」→「サイト開設年」にあります。

Cocoonは、この値が1970〜現在の西暦でないと設定が保存できなくなる仕様で、通常であればこの範囲内でなければエラーになります。

私の環境では何故かここの値が最初から「212」になっていたので設定保存できなかったようです。

不正な値を入力し、「設定をまとめて保存」ボタンを押すと警告が表示されますが、「他のタブ内」で「設定をまとめて保存」ボタンを押しても警告が表示されない(見えない)ので、結局「保存ボタンが反応しない??」となっていたようです。

不正な値を入力し、保存ボタンを押すとエラー表示される。

 

サイト開設年以外でも値のチェック機能が働き、そのタブ画面内でしか警告メッセージが表示されないので、タブごとに保存かけてみると不正データが見つかるかもしれません。

解決は以外に簡単でしたが、知らないといろいろ試しまくってしまいますね…。

できればエラーメッセージは、どのタブがアクティブになっても表示して欲しいところです…。

補足(その他のトラブルの解決法)

「変更をまとめて保存」は押せて、一見保存されているかのように見えるが、実際は設定が保存されていない。

wp_optionsテーブルのoption_nameが「theme_mods_cocoon-master」の値を、

「theme_mods_cocoon-child-master」へコピーする。

以下のページ参照。

「変更をまとめて保存」を押すと403エラーが表示されて保存できない。

レンタルサーバーの設定で、WAFをオフにする。

WAFとは、「Web Application Firewall」の略で、「Webアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃」からWebサイトを保護するセキュリティシステムです

…が、時にはWAFが働き過ぎて不具合を起こす場合もありますので、その際はオフにします。(可能であれば、Cocoon設定後は、オンに戻します。)

◆WAF設定が可能なレンタルサーバーの一例

\ レンタルサーバーならコレ一択!! /


\ 「ムームードメイン」めちゃくちゃ使いやすいです。 /


関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です