【MySQL】テーブルまるごとコピーする2つの方法。コマンドとPhpMyAdmin

MySQL

バックアップの意味合いや、データを変更したりする時のテスト用等で、MySQLでテーブルをまるっとコピーしたい時があります。

今回は、MySQLでテーブル構造とデータの中身、そしてインデックス構造もそのままコピーする方法を、コマンド入力とphpMyAdminでの方法をそれぞれ説明します。

スポンサーリンク

テーブルコピーの方法(コマンド)

  • STEP.1
    コピー元と同じ構造の空テーブルを作成する。

    CREATE TABLE 新テーブル名 LIKE 元テーブル名;

  • STEP.2
    コピー元テーブルから新テーブルへデータをコピーする。

    INSERT INTO 新テーブル名 SELECT * FROM 元テーブル名;

コピー完了(^^)

phpMyAdminでのテーブルコピー方法

  • STEP.1
    phpMyAdminにログインする。
  • STEP.2
    コピー元となるテーブルをクリックする。
  • STEP.3
    メニューバーの「操作」タブをクリックする。

  • STEP.4
    「テーブルを (データベース).(テーブル) にコピーする:」のブロック内を設定実行する

    1. コピーするテーブル名を入力(デフォルトはコピー元のテーブル)
    2. 「構造とデータ」のラジオボタンを選択
    3. 「実行」をクリック

    コピー完了(^^)

コマンドライン入力に慣れていない人は、この方法が一番カンタンです。

phpMyAdminを使った「ダメ」なテーブルコピー例

今ほど説明した方法以外にもphpMyAdmin内でコピーすることが可能です。

  1. 画面左から対象データベースを選択する。
  2. 構造タブを選択する。
  3. コピー元のテーブルを選択する。
  4. 「チェックしたものを:」をクリックし、「接頭辞を付け替えてテーブルをコピーする」を選択する。

以上の方法でもテーブルをコピーすることができます。

致命的なことにテーブルのインデックスやAUTO_INCREMENT(自動的に連番を降ってくれる設定)がコピーされないので、この機能は使わない方が良いかと思います。

まとめ

以上でMySQLのテーブルをデータ、構造、インデックスを含め全コピーする方法を2つとダメな例でした。

MySQLに限らずデータベース関係は、アンドゥが効かないので、何か特別な操作をする時はバックアップを確実に取っておいてください。

\ 第三のエックスサーバー /
進化の極限を目指した 「エックスサーバー」の新たなカタチ。

「シン・レンタルサーバー」は、エックスサーバーのシステムをベースとしつつ、最新技術を盛り込んだ国内最速のレンタルサーバーです。
エックサーバーとの違いは、「スピード」「リソース確保」「アダルティサイト可能」。
それでいてこの価格。
ブログをこれから始める人も、他社サーバーからの乗り換えの人も超絶おすすめなレンタルサーバーです。

しかも、今ならドメインが無料!

MySQL
スポンサーリンク
\気になるあの子に教えてあげよう/
Tamoc

コメント

タイトルとURLをコピーしました