Mac

【保存版】画面が真っ黒で起動できないMacを自力で修復する5つの方法

画面が真っ黒で起動できないMacを自力で修復する5つの方法

いつもは安定しているMacでも、起動ボタンを押しても画面が真っ暗のままで起動できなくなる場合があります。

Macの画面は真っ黒だけど、顔面は蒼白、頭は真っ白…。

今回は、そんな状態になってしまった場合の対処法解決法を説明します。

ハードウェア的なトラブルがなければ、大抵の場合これから説明する方法で解決できるかと思います。

トラブル対処する前に…

非常に重要な事ですが、トラブル対処する前に心がけておくべき事があります。
それは「慌てず落ち着いて冷静に対処する」という事です。

  • 大枚はたいて買ったMacが壊れてしまった(汗)
  • 明日納品しないといけないデータが消えてしまった(汗)
  • AppleCare+に入っていない(汗)
  • 修理めっちゃ高そう(汗)
  • 新しいMac買う金が無い(汗)
  • けどWindowsとかヤダ(汗)
  • っていうか贅沢言いません。せめて明日納品のデータだけでも…

いつも当たり前のように起動してくれたMacが突然動かなくなると焦ってしまうのは至極当たり前かと思いますが、ここは一息ついて、まずは落ち着いてください。

トラブル時に慌てて対処すると本当にロクなことがありません。

あともう一つ、画面が真っ暗だからといって、すぐに電源ボタンを長押しして強制終了させたり、電源コードをぶち抜いたりするのは本当にマズイです。
画面が暗いままで一見起動できないように見えても、Mac内部で頑張っている場合がありますので、画面に反応がなくとも、最低でも5分〜10分待ってみてください。
待つことで普通に起動できる場合もよくあります。

対処法1:接続されている周辺機器を全て抜く、そしてMacの放電

Macが起動できない場合、原因がMac本体ではなく、Macに接続されている周辺機器かもしれません。

USB、Display Port、FireWire等に接続さている周辺機器を全て抜いて起動できるか確認してみてください。

併せてMac本体を放電することで起動できる場合も良くあります。

最小限のハードウェア構成にすることにより、トラブルの原因を突き止めやすくなりますし、
この後説明する対処法を試す場合も、これらの周辺機器は外したままで行なった方が良いです。

Mac本体と周辺機器を抜く手順

  1. Macを終了させる。
    画面が消えても数秒動いている場合があるので、画面が暗くなってもすぐに手順2にいかないこと。
  2. Mac本体に接続されている周辺機器を抜く。(USB、Thunderbolt、Display Port)
    ただし、iMac/Mac mini/Mac Pro等のデスクトップMacの場合は、有線キーボード、有線マウス、起動ディスクなどは接続したままにする。
  3. Macの電源ボタンを押して起動する。

※ HDD、SSD、SDカード等記録メディアはMac起動中にそのまま抜いてしまうと、最悪破損してしまう場合があるので、かならずMacが終了しているのを確認してから配線を抜いてください。

Macを放電する手順(iMac/Mac mini/Mac Proなどのデスクトップ型Macの場合)

  1. Macを終了させる。(Macの電源が落ちていることを確認する。)
  2. 電源コードを抜く。
  3. 数分放置する。
  4. 電源コードを差し直してMacを起動させる。

※ 放電の他、後で説明するSMCリセットも兼ねています。

対処法2:PRAM/NVRAMのリセット

昔からMacが調子悪い時の定番解決法「PRAMクリア」

NVRAM/PRAMとは…
NVRAM (不揮発性ランダムアクセスメモリ) は、Mac がすばやくアクセスできるように所定の設定情報を記憶しておく小容量のメモリです。
PRAM (パラメータ RAM) にも似たような情報が保存されていています。

PRAMリセットの手順

  1. Macを終了させる。(Macの電源が落ちていることを確認する。)
  2. option ⌥command ⌘PRのキーを押したまま電源ボタンを押す。
    (電源ボタン以外押したキーはそのまま押し続ける)
  3. Mac起動音の「ジャーン」という音が2回鳴るまで待つ。
    (20秒ほどかかります。)
    ※ Late 2016以降のMacは起動音はしません。
  4. 2回音がしたことを確認したら、すべてのキーを放す。
    ※ 起動音が鳴らないMacは電源ボタンを押した後30〜40秒待ってから放す。
    ※ Apple T2 セキュリティチップを搭載したMacの場合は、2回目のAppleロゴが表示され、消えた後でキーを放す。

対処法3:SMCのリセット

Mac本体の電源が入らない場合は、ハードウェア的に故障している場合もありますが、それを管理しているチップが誤動作をしている場合があります。

その場合、以下の手順でチップ内容をリセットすることができます。

SMCとはSystem Management Controllerの略で、日本語では、システム管理コントローラーと言います。
SMCはMacのハードウェア関係を管理コントロールしているので、リセットすることにより以下のようなハードウェアトラブルが解消することがあります。
  • 電源ボタンを押してもMacが起動しない。
  • 冷却ファンが高速で回り続ける。
  • macBookのバッテリーが充電されない。
なお、以下で説明する方法は、Intel Macのみ有効です。(Power PC、G3、G4、G5等のMacintoshは対象外)。
現存するMacはIntel Macですので、よほど大昔のMacでなければ Intel Macです。
https://tamoc.com/check-intel-mac/

SMCリセットの手順

デスクトップとノートの場合は手順が違ってきます。

デスクトップMacの場合(iMac、Mac mini、Mac Pro)

デスクトップMacの場合は、以下のようにリセットします。

  1. Macを終了させる。(Macの電源が落ちていることを確認する。)
  2. 電源コードを本体から抜く。
  3. 15秒ほど待つ。
  4. 再度、電源コードMacに差す。

ノートMacの場合(MacBook、Mac Book Air)

ノートMacの場合は、以下のようにリセットします。

◆バッテリーの取り外しができないノートMacの場合(2009年以降のノートMac)

  1. Macを終了させる。(Macの電源が落ちていることを確認する。)
  2. Macがシステム終了したら、
    キーボード左側shift ⇧ + control ⌃ + option ⌥を押しながら、Mac本体の電源ボタンを10秒間押し続ける。(注意:上記のボタンと電源ボタンも押し続ける)
    Touch IDを搭載した MacBook Proの場合は、Touch ID ボタンが電源ボタンも兼ねています。
  3. 上記の全てのキーを放す。
  4. Mac本体の電源ボタンをもう一度押して、Macを起動させる。

◆バッテリーの取り外しができるノートMacの場合(2008年以前の古いノートMac)

  1. Macを終了させる。(Macの電源が落ちていることを確認する。)
  2. バッテリーを取り外す。
  3. 電源ボタンを5秒間押し続ける。
  4. バッテリーを再び取り付ける。
  5. Mac本体の電源ボタンをもう一度押して、Macの電源を入る。

ノートMacの場合(Apple T2チップ搭載Mac)

Apple T2チップを搭載していているMacは、上記の方法とはまた違うやり方でのリセットとなります。

  1. Macを終了させる。(Macの電源が落ちていることを確認する。)
  2. 電源ボタンを 8 秒間長押す。
  3. 電源ボタンを放し、数秒待つ。
  4. Mac本体の電源ボタンをもう一度押して、Macの電源を入れる。

対処法4:セーフモードでの起動

セーフモードとは、Macが起動できる最低限のシステム構成で起動させるモードです。
また、セーフモードで起動させると、ディレクトリの修復やキャッシュ削除を自動的に行なってくれます。

セーフモード起動の手順

  1. Macを終了させる。(Macの電源が落ちていることを確認する。)
  2. Macの電源ボタンを押し、すぐににshift ⇧キーを押し続ける。
  3. 画面にAppleのロゴ(リンゴのマーク)が表示されたらキーを放す。

対処法5:MacOS復元→ディスクユーティリティで修復

MacOS復元ユーティリティは、Macに内蔵されている復元システムです。
MacOS復元ユーティリティを起動することにより、macOSの再インストールやTimeMachneバックアップからの復元の他、ディスクユーティリティでディスクを修復することができます。
リカバリーモードとも呼ばれていたりもします。

Macが起動できる場合は、
以下の手順ではなく
普通に起動できます。
ディスクユーティリティ

MacOS復元→ディスクユーティリティの起動手順

  1. Macを終了させる。(Macの電源が落ちていることを確認する。)
  2. Macの電源ボタンを押した直後に、command ⌘ + Rを押し続ける。
  3. Appleマークが画面に表示されたらボタンを放す。
  4. ディスクユーティリティを起動させる。
    macOS復元
  5. 起動ディスクや内蔵ディスクを選択した後、First Aidを起動させる。
    ディスクユーティリティで修復

MacOS復元から起動できない場合の手順

何らかの理由でMacOS復元が起動できない場合、インターネット経由で起動させることができます。(比較的新しいMacの場合のみ)

  1. Macを終了させる。(Macの電源が落ちていることを確認する。)
  2. Macの電源ボタンを押した直後に、shift ⇧ +option ⌥ +command ⌘ + Rを押し続ける。
  3. 回転地球儀が画面に表示されたらボタンを放す。
    (※ Appleマークではなく回転地球儀になることに注目)
  4. ディスクユーティリティを起動させる。

最後に

以上、Macの画面が真っ暗になって起動できない時の対処法を5つほど紹介しました。

私自身も何度かこういったトラブルに遭遇しましたが、Mac自身が持っているこれらの修復機能で大抵の場合、回復することができました。

但しMacの場合、Windowsマシンと違い、本体内部の機器はメモリ以外ほとんどいじることができませんのでハードウェア的なトラブルの場合、致命的です。

昨日まで普通に起動できていたのに突然壊れる場合もあります。

徐々に調子悪くなるパターンも多いのですが、中には突然死というパターンもあります。

パソコンは精密機械でいずれは壊れてしまう消耗品と考え、いざという時に最小限のダメージで済むよう、せめてバックアップ体制だけは整えておきましょう。

予備のPCなどを準備しておいたり、クラウドにデータを設置したり。
せめて外付けメディアにTimeMachine設定は必ずしておきましょう。

\ 注 目 /

CodeCamp
▲自宅で学べるプログラミング学習

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です