Mac

【Mac】NVRAM/PRAMの値を表示する方法とターミナルからのリセット方法

PRAM/NVRAMとは

NVRAM (不揮発性ランダムアクセスメモリ) は、Macがすばやくアクセスできるように所定の設定情報を記憶しておく小容量のメモリで、
PRAM (パラメータ RAM) にも似たような情報が保存されていています。

因みに、PRAMとNVRAMの違いはほとんどなく、
ざっくり言えば、G3、G4、G3等PowerPCのCPUを搭載していた昔のMacは「PRAM」、現行のIntelのCPUを搭載しているMacは「NVRAM」と呼ばれています。

昔からのMac使いは今でもPRAMと呼ぶ人も多いです。

昔の名残もあるのでしょうが、おそらくPRAM/NVRAMリセットの方法が
PとRのキーを使うので、なんとなく今でもPRAMと呼ぶ人が多いのかなと思っています。

RRAM/NVRAMの記録されている項目を表示する方法

RRAM/NVRAMにはどんな値が記録されているのか?
通常は気にする必要もないのですが、一応記録されている情報はターミナルから見ることもができます。

方法は以下の通り

  1. ターミナルを立ち上げる。
  2. ターミナルに「nvram -p」と入力する。

現在使用しているiMac2017/Mojaveで表示されデータです。

※ 表示される内容は機種やOSによって変わってきます。

NVRAMに保存されている内容

  • スピーカーの音量
  • 画面解像度
  • 選択されている起動ディスク
  • 最近起きたカーネルパニックの情報(存在する場合)

ターミナルからRRAM/NVRAMの内容をリセットする方法

ターミナルからRRAM/NVRAMのリセットするができます。
ただし即反映されないので、コマンドを入力した後Macの再起動が必要となります。

全リセット

指定の値だけリセット

※システムボリュームの大きさをリセットする例

ヘルプを見る

※-h でなくとも、「-x、-p、-f、-d、-c、name」意外ならパラメータは何でも良い。

 

コマンドラインからリセットするメリット

以下に説明するキーの組み合わせでのPRAMクリアも可能ですが、コマンドラインから行うと「遠隔操作でPRAM/NVRAMリセットできる。」というメリットもあります。

また、「キーの組み合わせが覚えらない」「コマンドで入力するのが好き」な方にも良いかもしれません。

よくあるPRAM/NVRAMのリセット方法

上記のターミナルからのリセット方法もありますが、よくある方法は以下のようにします。
全リセットされるので、効果は「nvram -c」と同じです。

  1. Macを終了させる。
  2. 電源ボタンを押した直後、以下のボタンを同時に押し続ける。
    option + command ⌘ + P + R
  3. 上記のキーを20秒ほど押し続けた後キーを離す。(起動音が鳴るMacの場合は起動音が2回鳴った後にキーを離す)
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です