ファイル転送する一番簡単な方法。iPhone、Android、Mac、Windows全部OK

スポンサーリンク

ファイル転送を行いたい場合、
例えば、iPhoneからPC、AndroidからPC、iPhoneからAndroid、PCからPCなど、
ファイルを転送するには意外と難儀します。

そこで、この記事では、ファイル転送する一番簡単な方法を解説します。

この方法を使えば、難しい設定は一切せず、画像、動画、音楽、PDF等どんなファイルでも簡単快適に転送することができます。

めちゃくちゃ便利なのでぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク

神ファイル転送サービス「Send Anywhere」

使用するアプリ(WEBサービス)、は「Send Anywhere」です。
無料で使用することができます。

有料プランも存在しますが、無料版でも問題なく使用することができます。(広告は表示されますが)

対応機種は、
iPhone、Android、Mac、Windowsはもちろん、
ChromeエクステンションやWordPressプラグインとしても提供されています。

ダウンロード

ダウンロードは以下のページから対応機種のアプリをダウンロード&インストールします。

  • モバイル:
    Android、iOS、Amazon Kindle
  • PC:
    Windows、macOS、Linux、
  • その他:
    Chrome Extension、Whale Extension、Office 365 Outlook、WordPress Plugin

ただし、PC間のファイル転送の場合は、インストール不要です。
次項では、アプリをインストールしていない状態での操作方法を解説します。

Send Anywhereの使用方法

以下は、ブラウザでの使用方法ですが、アプリ版でもほぼ同様の操作で行うことができます。

Send Anywhereでは、ファイルの送信方法が「6桁キーコード」「リンク共有」「ダイレクト送信」と3種類ありますが、ここでは「6桁キーコード」での使用方法の説明を行います。

操作方法:ファイルを送る側

  • STEP.1
  • STEP.2

    +ボタンを押して、送りたいファイルを選択します。
    この動作を繰り返すと複数ファイルを送ることができます。

  • STEP.3

    ファイル選択が完了したら、送信ボタンを押します。

  • STEP.4

    広告が表示されるので、広告の右下の「スキップ」ボタンを押します。

  • STEP.4

    ファイルのアップロードが終わると6桁のキーコードQRコードが発行されます。

    この、6桁のキーコードを利用することにより、アップロードされたファイルをダウンロードすることができます。

    もし、受信する側が、iPhone、iPad、Androidなどのモバイルデバイスで、今直接QRコードを読み込める状態にあるのであれば、このQRコードをカメラアプリ等で読み込みます。
    (受信側のデバイスにSend Anywhereアプリがインストールされていない場合は、インストールを促されます。)


操作方法:ファイルを受診する側

※ 送信完了時にQRコードを読み込んでいる場合は、この操作は不要です。

  • STEP.1
    Send Anywhereサイトへ

    送信の時と同様に

    https://send-anywhere.com/へアクセスする。

    または、アプリを起動する。

  • STEP.2

    受診「キーまたはリンク」内に、先程の転送番号を入力します。

  • STEP.3

    受診時も広告が表示されるので、広告の右下の「スキップ」ボタンを押します。

  • STEP.4

    ファイルがダウンロードされ、以上でファイル受信完了です。

転送ファイル可能なファイルサイズと保存期間

一度に送信できるファイルサイズ

無料 ライト会員
(有料)
スタンダード会員
(無料)
6桁キーコード 無制限
共有リンク 10GB 20GB 30GB
ダイレクト転送 10GB

送信したファイルがサーバーに保管される期間

ファイルの保存期間
6桁キーコード ファイルサーバーを使用せず、直接送信。
ただし、6桁キーコードやQRコードの有効時間は10分。
共有リンク 48時間
ただし、有料会員の場合は、有効期限を自由に設定できる。
ダイレクト転送 48時間

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました