Mac

macOS Catalinaにしたらヒラギノ角ゴPro/ProNが消えてしまっていた件

ヒラギノ角ゴPro/ProNにフォント設定しているサイトはフォント変わります。

font-family:”Hiragino Kaku Gothic Pro”;
font-family:”Hiragino Kaku Gothic ProN”;

…なんて感じでCSS指定しているサイトは、 特定の条件下ではフォントが明朝に変わってしまいます。

◆フォントが変わって表示される条件

  • macOS Catalina
  • Chrome 77(以前のバージョンは不明)

これは、Catalinaに「ヒラギノ角ゴPro/ProN」が搭載されなくなったことと、Chromeのデフォルトフォントの問題です。

因みに、Catalinaでも、FirefoxやSafariでは明朝には変化しません。

なぜヒラギノ角ゴPro/ProNがなくなったのかは不明ですが、
サイト制作者側は、この問題を解消すべくフォントファミリーを変更した方が良いかと思います。

サイト閲覧の時に「明朝文字に違和感がある」場合は、Chromeのデフォルトフォント設定を変更すれば解決します。

Chromeのデフォルトフォントの変更方法

  • STEP.1
    chromeの設定画面に入る

    chromeの設定
    ウインドウ右上の「」をクリック。
    または、 + ,

  • STEP.2
    フォントをカスタマイズ
    chrome設定:フォントのカスタマイズ
    デザイン「フォントをカスタマイズ」ををクリックする。
  • STEP.3
    フォントの変更
    chromeデフォルトフォントの変更
    「標準フォント」や「Sans Serifフォント」の設定箇所を「ヒラギノ角ゴシック」に変更する。

最後に

「ヒラギノ明朝ProN」や「ヒラギノ丸ゴProN」はあるのに、「ヒラギノ角ゴPro/N」が無くなったのが謎です。
OSアップデートしただけなのに、過去フォントを強制的に消してしまうのどうなの?と思う訳ですが何か大人の理由があるのでしょう。

因みに、私はこのサイト以外にいくつかサイトを運営していますが、完全明朝サイトになってしまったので、思い切ってWEBフォントにしてみました。(新ゴ)

通常WEBフォントは利用料金が必要ですが、当方も愛用している「エックスサーバー」であれば無料でWEBフォントが使用できます。



関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です