Mac

【mac】1秒で完了。見えないファイルを表示させる超絶簡単な方法とおすすめアプリ

mac不可視ファイルを表示

ドットから始まるファイルやシステムファイルはとても重要なファイルなので、間違って消してしまわないように通常は見えないように設定してあります。
もし間違って消してしまうとシステム上いろいろ不具合が起こる場合があるので当然と言えば当然です。

ただ、macを使っていて、ドットから始まるファイルだったり、隠しファイルを見たり編集したりしたい時がありますよね?
例えばサーバーの設定を行う「.htaccess」ファイルとか。

そんな時に不可視ファイルを表示させる方法を説明します。

隠しファイルを表示させるショートカット(一番かんたん)

commandshift.(ドット)

上記のキーを同時に押すだけで、隠しファイルを表示させることができます。
また非表示にしたい場合は、再度同じキーを押せば前の状態に戻ります。

ただし、このショートカットキーが使えるのは、MacOSが、Sierra、High Sierra、Mojave以降のみです。

それ以前のmacOS(YosemiteとかEl Capitanとか)の場合は、以下の方法で対処してください。

ターミナルコマンドでオン・オフを切り替える方法(ちょっと面倒)

ターミナルを起動し、下記のコマンドを入力します。

1行目は、隠しファイルを表示させるコマンドで、2行目は、Finderを再起動させるコマンドです。

元に戻したい場合は、以下のコマンドを入力します。
(「TRUE」が「FALSE」に変わっただけです。)

上記のコマンドのコピペでいけるとは言え、やっぱりちょっと面倒かも…。

専用アプリを使う方法(便利)

「Funter」という不可視ファイルのオン・オフを切り替えるアプリも存在します。

Funter

単純にオン・オフだけを切り替えるのであれば上記で説明したショートカットを使えば事足りるので、通常であれば不要なのですが、このアプリはそれ以外にちょっと便利な機能も持っています。

Funterの特徴
  • 2クリックで不可視ファイルの表示・非表示を切り替えることができる。
  • 指定したファイルを可視、不可視に簡単にできる。(右クリックメニューから)
  • 不可視ファイルを一括検索できる。
  • メモリーとディスクのクリーンナップ機能付き。
動作環境

MacOS10.10(Yosemite)、10.11(El Capitan)、10.12(Sierra)、10.13(High Sierra)と対応しています。
Mojaveでも動作確認できましたが、各フォルダー内にアイコンは表示されません。ステータスバーから切り替えます。

ダウンロード

Funter: Show Hidden Files

まとめ

MacOS Sierra以降で且つ気軽にオン・オフを切り替えたいのであれば、ショートカットで事足ります。

もうちょっと多機能に不可視ファイルをアレコレしたい場合は、Funterがオススメです。

コマンド入力での切り替えはお気軽でも多機能でもないので、あんまりオススメではないです。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です