【Mac】「日本語入力プログラム」が消せない時の解決法

Macのトラブル解決

Macで日本語を入力するIME「日本語入力プログラム」ですが、
あまりにもクセ強めで使いづらいので、みんな大好き「Google日本語入力」を使用しています。

Google日本語入力を使用していれば、Mac標準の「日本語入力プログラム」は不要なので、
不意に切り替わるトラブル解消も含め、使えないように設定しておきたいところです。

動作確認環境

本体:iMac 2017(Retina 5K, 27inch)
OS:macOS Monterey(12.1)

スポンサーリンク

だが、消せない…

IMEを追加したり削除したりするには、「システム環境設定」→「キーボード」→「入力ソース」から行いますが、
削除する「−」ボタンがグレーアウトして削除することができません。

白いアイコンは、Mac標準のヤツで、青いアイコンは、Googleのヤツです。

以前のmacOSだと、ここで素直に消すことができましたが、
文字が入力できなくなるトラブル解消の為か、Big Surあたりから仕様が変わったようです。

Mac標準「日本語入力プログラム」が消せない理由と解決法

消せない理由は、ズバリ

英字が入力できる入力ソースが最低1つ必要」 らしいです。

ということで、解決法です。

「日本語 -○○入力」を選択後、「英字」にチェックを入れる。

これで消せるようになるはずですが、
もし、「英字」が既にチェックがついていたり、グレーアウトしている場合は、
次の方法で、英字が表示できる別のIMEを追加します。
今回は「Google日本語入力」の「英数」を使用しています。

設定場所は、「システム環境設定」→「キーボード」→「入力ソース」タブです。

  • STEP.1
    入力ソースの追加。
    「+」ボタンを押す。

  • STEP.2
    「英数(Google)」の追加。
    「英語」→「英数(Google)」→「追加」

    ※「日本語」の中に「英数(Google)」はありません。
  • STEP.4
    「日本語-○○入力」の削除
    これで、「日本語-○○入力」にマイナスボタンが表示され、削除することができます。
    「−」ボタンをクリックして削除します。

因みに、「書類ごとに入力ソースを自動的に切り替える」のチェックを外すと、勝手に入力モードが切り替わらなくなります。

以上です。

因みに、この手順でIMEを消してもMacからアンインストールされる訳ではありません。
「+」ボタンから入力ソースを追加することにより元に戻すことができます。
\ 第三のエックスサーバー /
進化の極限を目指した 「エックスサーバー」の新たなカタチ。

「シン・レンタルサーバー」は、エックスサーバーのシステムをベースとしつつ、最新技術を盛り込んだ国内最速のレンタルサーバーです。
エックサーバーとの違いは、「スピード」「リソース確保」「アダルティサイト可能」。
それでいてこの価格。
ブログをこれから始める人も、他社サーバーからの乗り換えの人も超絶おすすめなレンタルサーバーです。

しかも、今ならドメインが無料!

Macのトラブル解決
スポンサーリンク
\気になるあの子に教えてあげよう/
Tamoc

コメント

タイトルとURLをコピーしました