公式機能拡張ページからRuffleをブラウザにインストールする方法

ブラウザの使い方

以前、Nightly版ruffleのインストール方法を解説しましたが、
この記事では、Chrome及びFirefox拡張機能の公式ページからruffle拡張機能をインストールする方法を説明します。

スポンサーリンク

ブラウザの公式サイトでRuffle拡張機能が発表された。

以前はNightlyバージョンしかありませんでしたが、2021年12月頃、公式の拡張機能ページにて、ChromeとFirefoxの機能拡張(アドオン)が発表されました。

これにより、ブラウザへのruffleインストールが非常に簡単になりました。

因みに、Nightlyバージョンとは開発版のことで、同じく開発版であるβ版よりも新しいものですが、テスト的な要素が強く、基本的に安定性はないと思ったほうが良いです。

【安定度】
リリース版 > RC > ベータ(β) > アルファ(α) > Nightly > Bleeding Edge
オープンソースであるruffleはで、世界中の開発者が改良を重ねてきた結果、
ブラウザの拡張機能版のリリースは、ある程度の安定版が出来たということなんだと思います。

ブラウザにRuffle拡張機能をインストールする方法

Ruffle公式ページからリンクをたどるか、直接chromeウェブストア等からダウンロードします。

現在用意されているのは、Chrome用とFirefox用のみです。
EdgeやSafariで使用したい場合は、Nightlyバージョンを使用してください。

Chrome拡張機能

以下のページへアクセスし、「Chromeに追加」をクリックします。
※Chromeからアクセスしないとインストールすることができません。

Firefox拡張機能

以下のページへアクセスし、「Firefoxへ追加」をクリックします。
※Firexからアクセスしないとインストールすることができません。

Ruffleの設定

インストールが終わると、ruffleアイコンがブラウザ画面右上に表示されます。
このアイコンをクリックすると、各種設定を変更することができます。

主要な設定は、ココから行いますが、「設定ページを開く」をクリックすると、より多くの設定項目が表示されますが、いずれもデフォルトで良いかと思います。

ruffleアイコンをクリックすると表示される設定メニュー

「設定ページを開く」から設定できる項目。

【Ruffleの設定項目一覧】

RuffleでFlashコンテンツを再生する
Ruffle機能の切り替え。
デフォルト:オン
Webサイトの互換性に関する警告を無視する
デフォルト:オフ
Warn on unsupported content
サポートされていないコンテンツの警告表示切り替え。
デフォルト:オン
Log Level
ログを吐き出すレベル(Info、Warning、Error)。
デフォルト:Error
Show SWF download in context menu
コンテキストメニュー(右クリックメニュー)でSWFファイルをダウンロードできるようにする。
デフォルト:オフ
スポンサーリンク

ruffle拡張機能のメリット

導入が非常にラク。

Nightlyバージョンのインストールは若干手間(特にFirefox)でしたが、
Chrome及びFirefox拡張機能の公式ページからインストールできるので、導入は非常にラクです。

Nightly版に比べ安定している。

結局はまだβ版(α版?)なのでしょうが、Nightly版に比べれば圧倒的に安定しているかと思います。

常に最新の安定バージョンが提供される。

ブラウザの拡張機能は自動アップデートされるので、ある程度安定したバージョンを使い続けることができます。

\ 第三のエックスサーバー /
進化の極限を目指した 「エックスサーバー」の新たなカタチ。

「シン・レンタルサーバー」は、エックスサーバーのシステムをベースとしつつ、最新技術を盛り込んだ国内最速のレンタルサーバーです。
エックサーバーとの違いは、「スピード」「リソース確保」「アダルティサイト可能」。
それでいてこの価格。
ブログをこれから始める人も、他社サーバーからの乗り換えの人も超絶おすすめなレンタルサーバーです。

しかも、今ならドメインが無料!

ブラウザの使い方
スポンサーリンク
\気になるあの子に教えてあげよう/
Tamoc

コメント

タイトルとURLをコピーしました