ブラウザ

目からウロコ!ブラウザのパスワードを即効表示させる方法

ブラウザの伏せ字パスワードを表示させる方法

ブラウザにはパスワードが記憶されているのに、伏せ字になっている為、実際のパスワードはなんだっけ?と思うことはありますよね。

今回は、そんな場合に「サクッとパスワードを表示させる方法」と「ブラウザ内に記憶されている全てのパスワードを表示する方法」を解説します。

ブラウザのIDとパスワード記憶機能

ブラウザは一度ログインしたユーザー名(ID)とパスワードを記憶しておく機能があります。

2回目以降、同サービスへログインする場合はID、パスワードが不要でログインできる超便利機能です。

A8ログイン画面⇡こんなんとか
Wordpressログイン画面⇡こんなんとか

…が、
パスワードに関しては、第三者から盗み見されないように「●」や「*」等の伏せ文字になっていて、画面上で確認することができません。

このページでは、一度ユーザー名とパスワード入力したものの、すっかり忘れてしまったパスワードをログイン画面上でかんたんに確認する方法を説明します。

慣れれば3秒ほどでパスワード表示させることができます。特別なツールは一切不要です。

パスワードの確認方法

Chrome、Firefox、Safari、IE、Edge等の一般的なブラウザであればどれでもOKです。
ブラウザが持っている機能だけで実現でき、機能拡張等も一切不要です。

右クリックして表示される項目。
いずれもChromeで言うところの「デベロッパーツール」へ移動できます。
  • Chrome …検査
  • Firefox…要素の調査
  • Safari…要素の詳細を表示
  • IE…要素の検査
  • Edge…要素の検査

※以下はChromeでの操作説明ですが、他のブラウザでもほぼ同様です。

手順1:ログイン画面を表示させる。

WordPressのログイン画面の例です。

手順2:デベロッパーツール内の「Select an element in the page to inspect it」を起動させる。

ショートカット:
commandoption + c(Mac)
CTRLShift + c(Windows)

デベロッパーツール⇡こんな感じの画面がブラウザ内に表示されます。
ショートカットの「c」のキーを「i」、または右クリック→「検証」からでも同様の画面が表示されます。(デベロッパーツール)
「Ctri + i」キーから入る場合 は、デベロッパーツール画面左上の矢印アイコンをクリックします。

手順3:パスワード入力の部分をクリックする。

パスワード入力部分をクリックすると、
デベロッパーツールのHTMLソースのinputタグ内にポインターが移動します。

手順4:inputタグ、typeの「password」を「text」に変える。

input typeの変更1「password」を

input typeの変更1「text」に変える。

「text」と入力する。
入力した瞬間、伏せ字パスワードから実際のパスワードが表示されます。

パスワードが表示される

ブラウザ内に記憶されている全てのパスワードを見たい場合

上記のパスワード表示方法は、1サイト(ページ)ごとのパスワードの確認方法でしたが、
ブラウザ内記憶されているパスワードを一括で見たい場合は、
以下の方法で見ることができます。

この方法では、単にパスワードを見るだけでなく、
記憶されているユーザー名(ID)やパスワードを削除することも可能です。

Chromeでの操作方法を説明します。

手順1

パスワード欄を右クリック後、「保存したパスワードをすべて表示」をクリックする。

手順2

ブラウザ内に記憶されているユーザー名とパスワードの一覧が表示されます。

目玉アイコンをクリックすると指定サイトのパスワードが表示されます。その右の「…(縦)」からパスワードを削除することもできます。

設定 → 詳細設定 → パスワードとフォームの「パスワードを管理」からも
同様の設定画面へ移動できます。
パスワードを表示する場合、PCへのログインパスワードが求められる場合があります。

まとめ

以上、ブラウザ内に記憶されているパスワードを表示させる方法を2つ紹介しました。

パスワードを毎回考えるのが面倒だからといって、何でも同じパスワードにしていると芋づる式にバレてしまう危険性がありますので

できれば各サービスごとパスワードはに違うものにして管理した方がセキュリティ的に良いかと思います。

ちょっと忘れてしまったパスワードを気軽に知りたい場合や記憶されているパスワードを個別に削除したい場合は、今回の方法で解決するはずです。

では!