Markdownの基本的な記法

その他
スポンサーリンク

Markdownとは、テキストをHTMLに変換するための記法です。
シンプルな記法でありながら、見出し、リスト、コードブロック、強調表示など、さまざまな表現を簡単に実現することができます。

スポンサーリンク

Markdownの概要

Markdownは、John Gruber氏によって2004年に開発されました。
元々はブログ記事の記述を簡単にするための記法でしたが、現在ではブログやウェブサイト、ドキュメントなど、さまざまな用途で利用されています。

Markdownの記法は、HTMLの記法と似ていますが、よりシンプルになっています。
HTMLの記法は、タグや属性を記述する必要があり、覚えるのが難しいというデメリットがあります。
一方、Markdownの記法は、主に記号や改行を用いて表現するため、覚えやすく、簡単に利用することができます。

Markdownの基本的な記法

Markdownの基本的な記法は、以下のとおりです。

見出し

見出しは、#####################の記号を用いて、1から6段階の見出しを表現します。
基本、#の後に、半角スペースが必要ですが、エディタによっては不要な場合もあります。

# 見出し1
## 見出し2
### 見出し3
#### 見出し4
##### 見出し5
###### 見出し6

太字

テキストを ** または __ で囲みます。

**太字です**

__これも太字です__

斜体

テキストを * または _ で囲みます。

*斜体です*

_これも斜体です_

打ち消し線

テキストを ~~ で囲みます。

~~打ち消し線~~

**太字**と**斜体**と~~打ち消し線~~を組み合わせて使うこともできます。

引用

引用を使用にするには、 > を使用します。
ネストさせるには、 >> のように複数回使用します。

> これは、引用文1ですよ。
> これは、引用文2ですよ。
>> これは、引用文2の引用文ですよ。

水平線 <hr>

、 _ 、 * のいずれかをを3個以上並べると水平線になります。

---
↑ 基本の水平線
------
↑ 3個以上なら何個でも
- - -
↑ スペースとかは入ってもOK
<hr>
↑ これとおんなじ。

リスト

リストは、*+の記号を用いて、箇条書きリストを表現します。
記号の後に半角スペースを忘れないでください。 因みに、どの記号を使っても結果は同じです。

- 項目1
- 項目2
- 項目3

リストの入れ子

リストを入れ子(ネスト)にする場合、スペース文字を使って階層を表します。
親リストの各項目に対して、子リストを作る場合は2個のスペースをインデントし、孫リストならさらに2個(合計4個)のスペースを入力してから記述します。

- 親項目1
  - 子項目1
    - 孫項目1
  - 子項目2
- 親項目2
  - 子項目3

番号付きリストで入れ子を作る場合は、子リストの番号を親リストの番号の続きから始めます。

1. 親項目1
  1.1 子項目1
    1.1.1 孫項目1
  1.2 子項目2
2. 親項目2
  2.1 子項目3

※ 一部のMarkdownエディタでは、スペースタブ文字を使ってインデントを指定できます。
ただし、Markdownの互換性のため、上記のように空スペース2個の方が一般的には推奨されます。

コードブロック

コードブロックは「“`」の記号で囲みます。

```
print("Hello, world!")
```

リンク

タイトル付きのリンクを投稿できます。 (タイトルは、リンク上にマウスホバーすると表示されます。)

[リンクテキスト](URL "タイトル")

画像の埋め込み

## タイトルありの画像の埋め込み
![代替テキスト](画像のURL "画像タイトル")

## タイトル無しの画像の埋め込み
![代替テキスト](画像のURL)

テーブル

テーブルは、 | : の記号を用いて表現します。
ヘッダーとデータの間の — は1個以上あれば何個でもOK。

# 一番シンプルな記載方法
|ヘッダー1|ヘッダー2|
|-----|-----|
|データ1|データ2|
|データ3|データ4|
ヘッダー1ヘッダー2
データ1データ2
データ3データ4
# : を使うと文字を揃えることができます。

|左揃え|中央揃え|右揃え|
|:---|:---:|---:|
|A|B|C|
|D|E|F|

セクション分割

セクション分割は、[セクションタイトル]の記号で表現します。

[セクション1]

テキスト

[セクション2]

テキスト

Markdownのまとめ

Markdownは、シンプルな記法でありながら、さまざまな表現を簡単に実現できる記法です。
ブログやウェブサイト、ドキュメントなど、さまざまな用途で利用することができます。
Markdownの記法を覚えて、Markdownの利便性をぜひ体験してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました