Mac

【Mac】拡張子の表示・非表示設定が反映されない件

Macでファイル拡張子の表示・非表示を切り替えたい場合に、Finderの設定で切り替える項目があります。

…が!

なぜかうまく機能しないようです。

動作確認環境

本体:iMac 2017(Retina 5K, 27inch)
OS:MacOS Big Sur(11.5.2)

拡張子を表示・非表示にする一般的なやり方

  • STEP.1
    Finderの環境設定を開く

    一度、デスクトップをクリックした後、メニューバーの「Finder」から「環境設定…」を選択。

  • STEP.2
    すべてのファイル名拡張子を表示をチェックする

    Finder環境設定内の「詳細」タブをクリック。

    「すべてのファイル名拡張子を表示」をチェックすれば拡張子は表示、チェックを外せば非表示となります。

上記の方法は、ファイル全体の設定方法ですが、ファイル単位で設定も可能です。

対象のファイルを選択した後、command ⌘ + Iでファイルの情報ウィンドウを開き、
「名前と拡張子:」欄、「拡張子を非表示」のチェックボタンで、表示・非表示を切り替えることが出来ます。

これはファイル単位での設定なので、他ファイルには影響しません。

これでファイル拡張子は反映されるはずだが…

だが、反映されない!

テストファイルとして、全て種類の違うファイルを5つ用した。

  • EXCELファイル(.xlsx)
  • Pagesファイル(.pages)
  • Firefoxアプリ(のショートカット)(.app)
  • URLのショートカット(.webloc)
  • スクリーンショットファイル(.png)

上記の一般的な設定方法で、ファイル拡張子を非表示にしてみると、反映されるものと反映されないものが出てきた。

謎すぎる…。

さらに不可解なことが…

ファイル名を変更した後、同じテストを行ったところ、さらに不可解なことが…。

拡張子はそのままで、ファイル名を変更してみる。(ファイル名の頭に「あああ」を追加)

そして、Finder環境設定「全てのファイル名拡張子を表示」のチェックをオフに。

.appのファイル以外、拡張子が反映されなくなった!!

 

謎だ。謎すぎる…。

「そういう仕様です」

…とは言い逃れできない動作。

不具合のまとめ

  • Finder環境設定で、ファイル名拡張子の設定を行っても、一部のファイルにしか反映されない。
  • 反映される拡張子で、確認しているのは、.app、.webloc、.png。
  • 但し、.app以外は、ファイル名を変更すると拡張子固定され、設定が反映しなくなる。

で、どうしよう…。

…と考えた所、「拡張子は常に出しておこう!」ということで落ち着きました。
(いつも出していますが)

おそらくこれはMacOS/Finder上のバグであり、以前はこのような事はなかったかと思いますので、今後改善されることを期待します。

PC初心者は拡張子を出さないでおいた方が良いという考えもあるかもしれませんが、やっぱり拡張子は出しておいた方が何かと良いかと思います。

\ レンタルサーバーならコレ一択!! /

\ エックスサーバーと相性バッチリのドメイン!!/

関連記事

コメントを残す